姉弟~年子育児の大変なこと

周りや世間一般的にも、年子育児は大変と思われてるように、
確かに大変なことが多いのも事実ですよ

今、私が育児をする中で大変だなぁ~と思うことをまとめてみます
年子育児のデメリットをあげてみると・・・

 

◎妊娠中、上の子の成長が大事な時期に長期入院で離れる可能性が高い。
※私は実際にそうでしたが、精神的にツラかったです。
娘がつかまり立ちをした決定的瞬間を間近で見ることができず、
パパから送られてきた動画で見ました。
◎妊娠中でも、上の子を抱っこすることが多い。
◎産後、2人一緒に抱っこすることが多い。
◎お出かけ時の荷物はいつも2人分。
◎お出かけ時に目が行き届かなくなるときがある。
◎オムツが2人分など、経済的負担が一気にくる。
◎学校入学の準備など、必要な出費が続く。
(まだ未経験ですが・・・)
◎予防接種や健診スケジュールの管理が大変。
◎夜泣きがダブルでくることがある。
◎夜、一人が寝ても、一人はなかなか寝ないこともある。
(昼寝も同じく、二人同時に昼寝するとは限らない。)
◎オモチャの取り合い。
(上の子が気に入ってるオモチャを取ると怒る。)

 

まぁ、こんな感じ・・・かな
どう考えても、デメリットの方が多いじゃんって思われそうですが、
大変なことが私には当たり前の毎日なので、もう慣れましたけど

 

ただ、私が強く思うことは、一人で過ごす時間を作ることが大事だと思います
育児をする中で、人にはなかなか言えない悩み、ストレスとか、
目に見えない疲れとか、年子に限らず、誰でもあると思います。

そんなとき、ほんの数十分でも一人で何も考えずに過ごすことが
一番のリフレッシュになると思います

例えば、子供たちを見てくれる人がいない場合、
一時保育を利用したり、子育て支援センターを利用したり、
市に相談したらすぐ教えてくれますよ

 

”育児は頑張り過ぎちゃダメ”
”頑張り過ぎると疲れちゃうよ”
”疲れちゃったら、周りが見えなくなるよ”

 

健診に行ったとき、保健師さんに言われた言葉なんだけど、
私は、いつもこの言葉を支えにしてます

カテゴリー: 育児(二男), 育児(長女), 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です